兵庫銭湯物語 兵庫県公衆浴場業生活衛生同様組合

NEWS

新着情報

5月5日はしょうぶ湯ですね。

2021.04.23


菖蒲湯(しょうぶゆ)とは

古くから伝わる風習で5月5日(こどもの日)に沸かした風呂に菖蒲を入れて入浴すれば暑い夏を丈夫に過ごせると言われています。

菖蒲の独特な香りや効能から、邪気を払うと信じられていたことで端午の節句に入る菖蒲湯には厄払いと無病息災の祈りを込めるという意味も含まれています。


菖蒲湯(しょうぶゆ)の効能

菖蒲にはアサロンやオイゲノールという精油成分が多く含まれております。腰痛や神経痛を和らげる効果があり、その爽やかな香りにはアロマセラピー効果もあり、また根の部分には血行促進や保湿の薬効があるそうです。


5月5日は、しょうぶ湯につかろう!

今年もコロナ禍が続いておりますが、皆さんの健康と厄払いの願いを込めて、ぜひお近くの銭湯につかってみて下さい!

↑